カバレスキー革新センターのPolysは最初のブロックチェーンに基づく投票機である

Polysは、企業、大学、政治党派のための安全なオンライン投票プラットフォームを開発するために、カバレスキー革新センターによって開発されたプロジェクトである。このプロジェクトは最近,新しいPolys投票機のプロトタイプを発表した。この設備は同類の設備の中で初めてブロックチェーン技術を採用し、Polysオンライン投票システムに協力した設備であるため、すべての投票は、投票所でも箇人設備でも、安全な方法で送信と処理を行う。これは選挙参加者に投票方式の選択を提供し、主催者が安全なオンライン投票の選択肢を導入できるようにし、プライバシーを保証する。

オンライン投票は選挙の主催者と参加者に多くの利点をもたらす。投票結果を自動的に計算する。挑戦を緩和する;集中的なプロセス管理を提供する。しかし、スマートフォンやノート型パソコンの使い方に慣れていない人や、投票所で直接投票することを好む人は、投票をインターネットに移すことが障害になりかねない。もう一つの挑戦は、誰かの意思を明らかにせずに無記名投票を行い、その票が計算されたかどうかをチェックする能力を有権者に提供することだ。

「Kaspersky japan」の画像検索結果

Spindleによると、これらの問題を支援するために,Polys投票機を作成し分散台帳技術を用いた。これは,すべての投票情報がいくつかのブロックチェーンノードに分散して格納されていることを意味する。投票主催者は、このデータを格納するためにいくつかのコンピュータを選択することができ、例えば、信頼されている組織または独立した観察者のコンピュータを選択することができる。これは、投票される確率を最大限に減らすことができる。なぜなら、悪意のある者がこれらのコンピュータのすべてに侵入しなければ、投票結果を操作することができないからである。

投票機は単一ブロックチェーンシステムを介してPolysオンライン投票プラットフォームと相互接続できる。一人の有権者の票を共有し、有権者が異なる選択で2回投票する可能性を無くすという意味だ。Spindleによると、このため、技術に精通したユーザーは、オンライン版を使って、自分のスマートフォンや他の機器から安全に投票することができ、自分で投票所に行く傾向のある人は、Polys投票機で投票することができる。すべての投票は自動的に暗号化されカウントされる。

この自動カウント機能は主催者の人員と資源コストを大幅に低減した。選挙が終われば、すぐに結果が出て、プロセスがより迅速かつ効率的になるという意味でもある。

日本郵政は1000億元のブロックチェーン防止装置を投入し、多くの物流大手を追随させた

日本郵政は,エッセンシャル,インテル・ジャパンと提携し,ブロックチェーンを利用してネットワークを維持する新しい分野に積極的に参入すると発表した。日本郵政は、医薬品を2021年の投資として、倉庫建設を含め1000億円の投資を見込んでいる。この品質監督体制は,輸送中に偽薬が混入することを防止し,将来的にはあらゆる消費財に適用できるとされている。

経済協力開発机構(OECD)などによりますと、2016年の偽物の取引額は5090億ドル(約53兆円)に達し、各国の政府や国民に早急な対策が必要だと訴えています。ブロックチェーンの特徴の1つは,最初に登録に成功すると,初期登録情報を変更できないことである。データの不整合が生じた場合、該当商品は運送ネットワークから取り除かれるか、または取引市場への参入を阻止される。ブロックチェーン技術は重要な物流にも容易に利用できる。

日本郵政は、ブロックチェーン技術による薬物輸送ネットワークの構築に、輸送車の購入や温度制御が可能な倉庫の建設など約1000億円を投資すると発表した。この過程でインテルはセンサなどを日本郵便に提供し、アクセンチュアは日本郵便のシステム構築を支援する。

他のグローバル物流大手もシェアを先取りするためにブロックチェーン技術を先を争って導入している。欧州のDHLもアクセンチュアと協力してブロックチェーン技術を使った医薬品追跡システムを構築している。世界トップレベルのコンテナ船運送会社であるA.P. Moller Maersk(デンマーク)は、米IBMと協力して2018年にブロックチェーンを使った汎用プラットフォームを構築した。

日本郵政は、ヨーロッパやアメリカで広く采用されている医薬品の流通基准(GDP)に応じて、世界での取引にニセモノが流通しないようにする。日本郵政は、原材料や制品の輸出入から医療机関に納入するまでの全過程をリアルタイムで追跡し、メーカーや問屋、医療机関などが情報をリアルタイムで共有できるプラットフォームをつくる。

具体的には、日本郵便が医薬品に無線自動識別タグ(RFID)を貼ったり、コンテナに環境の温度や位置情報を読み取るセンサーを取り付けたりする。工場、制薬会社、倉庫、運送車両にRFIDやセンサー情報の専用設備を設置する。つまり,医薬品は段階ごとにデータが自動取得され,クラウドにアップロードされて輸送状態を共有する。

日本郵政によりますと、ブロックチェーン技術の物流監督システムは各段階の人手検査の時間と費用を省くことができて、それによって有効にコストを下げました。RFIDには異常も記録されており,RFIDが入れ替えられるなどの異常が発生すると,その対応する医薬品が取引チャネルに出現しなくなる。

SPINDLEプロジェクトは、その透明性と公平性をもって、
より多くの人に投資・運用を通じて豊かな人生を謳歌してもらう事。
そして、多くの人が、このプロジェクトの参加によって、
今までの中央集権的権威による搾取の社会構造から解放される
ことを目標とし、その実現を着実に目指してゆきます。