イタリア中央銀行のデジタル通貨をテストする準備ができている

記者 ジュビリーエース 報道

イタリア銀行協会(ABI)は最近、加盟銀行がデジタルユーロのテストに参加すると発表しました。

ABIは700以上のイタリアの銀行機関から構成されています。同協会は、欧州中央銀行(European Central Bank)が支援するデジタル通貨の実現を、関連プロジェクトや実験に参加することで加速する考えを示しています。昨年、ABIはデジタルマネーと暗号化資産を検討するためのワーキンググループを立ち上げました。

ワーキンググループは最近の声明で、デジタルユーロについての10つの考え方を共有しました。1つ目は、「通貨の安定を維持し、欧州監督制の枠組みを完全に遵守することを優先しなければならない」ということである。

公衆の信頼を得るために、ワーキンググループはデジタル通貨の枠組みがEUの規定を完全に守ることを最優先に考えており、銀行はこのような信頼を守る上で重要な役割を果たすと表明しています。

第二に、ワーキンググループはイタリアの銀行がすでに分散帳票技術を使用していることを示し、Spuntaプロジェクトを例に挙げました。SpuntaプロジェクトはABI実験室により開始された計画であり、ブロックチェーンを統合することにより銀行間決済の処理速度を加速します。

ワーキンググループは、デジタル通貨のプログラム可能性のおかげで、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)は従来の銀行システムを転覆させ、例えばポイント・アンド・ポイント取引と機械間取引、そして為替レートと金利リスクを管理する能力を備えると指摘しました。

声明は「プログラム可能なデジタル通貨は金融分野の革新的な技術であり、通貨と取引を徹底的に変えることができる。これは大きな付加価値を生むことができる変革であり、特に運営と管理の流れの効率を高める上で重要だ」と述べました。

イタリアはデジタルユーロの実験に興味を示した最初の国ではありません。今年の早い時期に、フランス中央銀行は中央銀行のデジタル貨幣実験についての提案を募集しました。オランダ中央銀行はオランダがデジタルユーロの試行計画に参加することを表明しました。

昨年、ドイツ中央銀行のJens Weidmann総裁は演説の中で次のように警告しました。 デジタル通貨は金融システムの安定性を損なう可能性があります。しかし、この年の後半には、ドイツ銀行協会(Association of German Banks)は、プログラマブル・デジタル・ユーロの採用を提唱する声明を発表しました。

イタリア中央銀行はABIの声明についてはまだコメントを発表していません。

ビットコインは半減しているのに、なぜ誰も売っていないのか? 記者 ジュビリーエース 報道

市場価値が最も高いクリプトカレンシーであるビットコインは、5月12日BSTの早い時間帯に3回目のブロック報酬が半分にカットされたことを完了し、採掘者が掘り起こした各ブロックの報酬が12.5ビットコインから6.25ビットコインに減少しました。

ジュビリーエース ( JubileeAce

業界関係者の中には、ビットコインは長い間強気の姿勢を貫いてきたが、半減した売りが価格を急落させる可能性があると考えている人もいるが、それは起こりませんでした。 ビットコインのデータによると、ビットコインの価格は現在9,000ドルを超えており、半値になった時よりも上昇しているとのことです。

香港に拠点を置くビットコインとクリプトカレンシーの取引所でヘッジファンドのPanxoraのCEO、Gavin Smith氏はフォーブスに対し、「最近話題になっている半減は心理的な影響が大きく、新たなプレイヤーを市場に呼び込み、ビットコインの価値を押し上げる起爆剤になる可能性がある 」と語っています。

彼は、将来的には「でこぼこ道」を経験するかもしれないが、ビットコインは「複数年の強気相場の始まり」にいると考えています。

米国議会と連邦準備制度理事会は、ここ数ヶ月で米国経済に何兆ドルもの資金を投入し、インフレと債務の暴走への懸念を高めています。

一部のアナリストは、ビットコインが安全な資産となり、インフレに対するヘッジになれば、ビットコインの価格は今後数年で加速し、潜在的には史上最高値の2万ドルを超える可能性があると考えています。

eToroの市場アナリストであるSimon Petersは、フォーブスにそう語った、「18ヶ月で2万ドルから5万ドルの史上最高値に到達すると信じている」。彼は、次のブルのラウンドは、1ビットコインあたり10万ドルから12万ドル前後でトップになると述べました。

記者 ジュビリーエース 報道

ビットコイン13%急落、COINBASEクラッシュ 記者 ジュビリーエース 報道

5月10日午前8時30分頃、BTCは8,600ドルから8,150ドルの安値まで急落し、振幅は17.39%と乱高下しました。その後は再び反発して8800ドル付近をうろついており、現在は24時間で10.24%減の8837ドルで取引されています。この1時間で、ネットワークの累積ポジションは5億7800万ドルに達し、最大の単独ポジションは1000万ドルに達しました。

USDTを除く主要仮想通貨の上位10通貨はすべて10%以上の下落となっています。2位のイーサは214ドル付近から200ドルを割り込み、24H時点で9.55%下落して192ドルで取引されています。

クリプトカレンシー取引所Coinbaseは、市場の短い下落の間に一時的にダウンし、多くのユーザーがCoinbaseのアカウントにログインできないとツイートしていました。

記者 ジュビリーエース 報道

ビットコインだけでなく、世界で最もホットな5つの仮想通貨、あなたはいくつ知っていますか?

–この記事はNewsから翻訳したもので、翻訳者のジュビリーエースが掲載しています。

2017年の注目ワードといえば? だから、ビットコインは間違いなくその一つに該当しますし、仮想通貨については様々なニュースで何度も耳にしたことがあると思いますが、その中でもビットコインは代表的なものの一つとして最も多く言及されていますが、ご存知でしたか? 実は世界中には1,300種類以上の仮想通貨が存在していて、今はビットコインだけがリードしていますが、実は他にもたくさんの仮想通貨が炎上しています。

ビットコインだけでなく、世界で最もホットな5つの仮想通貨、あなたはいくつ知っていますか?

そして、これらの仮想通貨の話はどうなっているのでしょうか? それぞれの上昇は? 世界で最も注目されている5つの仮想通貨を紹介します。

I.ビットコイン

世界で最も価値のある暗号通貨であるビットコインは、2008年に発表した論文 “Bitcoin: A Peer-to-Peer Cash Transaction “で、ビットコインの本来の目的は “金融機関を通さずに2人の間で直接送金できるピアツーピアの電子現金を提供すること “であると述べ、2009年に日系アメリカ人のサトシ・ナカモト氏によって発明されました。

ビットコインはブロックチェーンを介して動作し、その特徴は、それが世界中で使用されているということで、サードパーティの管理なしで、誰もが参加することができ、「マイニング」と呼ばれるコンピュータのコンピューティング動作を介して、ビットコインを取得するために、プロセッサ(CPU)、グラフィックスプロセッサ(GPU、つまり、グラフィックスカード)を介して任意のコンピューティングは、「マイニング」と呼ばれ、鉱山を掘る人は「鉱夫」と呼ばれています。

ビットコインだけでなく、世界で最もホットな5つの仮想通貨、あなたはいくつ知っていますか?

▲ビットコインは現在、市場で最も認知度が高く、価値のあるクリプトカレンシーです。

インフレを避けるために、ビットコインは暗号鍵でデジタル署名されており、作成時の協定により2100万個に上限が設定されています。 しかし、今年に入ってからは多くの加盟店がビットコイン決済に対応するようになり、まだまだビットコイン熱狂が続いていることがうかがえますが、いずれにしてもビットコインは非常にリスクが高いことは否定できず、実際に暴落した場合、ビットコインで投機をしていたプレイヤーは間違いなく損をすることになります。

ビットコインの時価

時価総額:2,751億ドル

今年度の増加率:1590.

イーサ(イーサリアム

2013年から2014年にかけて、プログラマーのVitalik Buterin氏はビットコインに触発され、イーサースクエアのコンセプトを思いつきました。

Vitalikは2013年にイーサースクエアに関する白書を書きましたが、その中でイーサースクエアの本来の目的である分散化、オープン化、利用の安全性についても言及しています。 ビットコインと同様に、イーサもブロックチェーンに基づいていますが、最もユニークな特徴の一つは、オープンソースのスマートコントラクトを使用していることです、もちろん我々は詳細を知る必要はありませんが、イーサはビットコインよりもオープンで無料であることを知っているだけですが、原理はまだビットコインと同じです。

ビットコインだけでなく、世界で最もホットな5つの仮想通貨、あなたはいくつ知っていますか?

ethereumの最大の特徴は、オープンソースのスマートコントラクトを使用していることです。

イーサは、イーサースクエアの技術をベースにした暗号通貨で、ビットコインに次いで世界で2番目に価値の高い暗号通貨となっており、今年はその価値が最速で上昇しています。

エーテルの時価。

時価総額:7,110億ドル

今年度の増加率:8812.

III.ビットコインキャッシュ

今年の8月、ビットコインは「ハードフォーク」を経験し、ビットコインの新バージョンである「ビットコインキャッシュ」が誕生しました。

ビットコインキャッシュはビットコインのブロックチェーン情報を100%完全に複製しているため、ビットコインを所有している人はビットコインキャッシュを完全に所有していることに相当し、ビットコイン自体の暗号性と相反する完全に複製された性質のため、多くの主流の取引プラットフォームでは、明示的にビットコインキャッシュの取引をサポートしていません。

ビットコインだけでなく、世界で最もホットな5つの仮想通貨、あなたはいくつ知っていますか?

ビットコインキャッシュの最新版は、より高速であることを主張するビットコインの派生版である

これまでビットコインが批判されてきた最大の問題は「取引が速くない」ということで、ビットコインはこの問題を解決するためのものだと考えて生まれたのですが、スピードの問題は解決したものの、ビットコインの現金取引が難しくなるという新たな問題が発生しています。

ビットコインキャッシュの市場価値。

時価総額:330億ドル

今年度の増加率:229.

IV.波紋

同名のブロックチェーン技術の開発に特化した会社が作った世界第4位の仮想通貨で、ルピーを世界中のどこにいても数十種類の仮想通貨に素早く送金できるのが特徴です。

ビットコインだけでなく、世界で最もホットな5つの仮想通貨、あなたはいくつ知っていますか?

リップコイン取引の方が安全性が高いと考える金融機関が多い

リップルのエグゼクティブチェアマンは、ビットコインの取引に比べて4時間かかると主張し、リップルコインはわずか3.6秒で完了することができますが、リップルは今もオフショア決済ソリューションを提供し、エンタープライズレベルのブロックチェーンネットワークを介して国境を越えた取引コストで顧客を支援するために開始されていますが、それは否定できませんリップルコインは、以前の暗号通貨のアイデンティティの取引に比べて、小さい通貨は、通常、崩壊のリスクが大きいです。

リップルコインの市場価値。

時価総額:218億ドル

今年の増加率:8479.8

V.ライトコイン

また、ビットコインを改良するために誕生したクリプトカレンシーは、ビットコインのライバルの一人であり、今年は5800%近く上昇して新高値を更新しています。

ビットコインだけでなく、世界で最もホットな5つの仮想通貨、あなたはいくつ知っていますか?

ビットコインの約4倍の総量を誇る▲レトコイン

レットの特徴として「速い」ことが挙げられ、創業者のチャーリー・リー氏はレットの取引にかかる時間は約2分とビットコインの4時間を大きく上回ると繰り返し述べており、レットは8,400万個を供給できるとしており、ビットコインの方が価値を保つことができるのに対し、ビットコインの方が支払いに適しているとされる2,100万個と比べて4倍もの差があるとしています。

レトコインの市場価値。

時価総額:165億ドル

今年の増加率:6859.6

–この記事はNewsから翻訳したもので、翻訳者のジュビリーエースが掲載しています。

カバレスキー革新センターのPolysは最初のブロックチェーンに基づく投票機である

Polysは、企業、大学、政治党派のための安全なオンライン投票プラットフォームを開発するために、カバレスキー革新センターによって開発されたプロジェクトである。このプロジェクトは最近,新しいPolys投票機のプロトタイプを発表した。この設備は同類の設備の中で初めてブロックチェーン技術を採用し、Polysオンライン投票システムに協力した設備であるため、すべての投票は、投票所でも箇人設備でも、安全な方法で送信と処理を行う。これは選挙参加者に投票方式の選択を提供し、主催者が安全なオンライン投票の選択肢を導入できるようにし、プライバシーを保証する。

オンライン投票は選挙の主催者と参加者に多くの利点をもたらす。投票結果を自動的に計算する。挑戦を緩和する;集中的なプロセス管理を提供する。しかし、スマートフォンやノート型パソコンの使い方に慣れていない人や、投票所で直接投票することを好む人は、投票をインターネットに移すことが障害になりかねない。もう一つの挑戦は、誰かの意思を明らかにせずに無記名投票を行い、その票が計算されたかどうかをチェックする能力を有権者に提供することだ。

「Kaspersky japan」の画像検索結果

Spindleによると、これらの問題を支援するために,Polys投票機を作成し分散台帳技術を用いた。これは,すべての投票情報がいくつかのブロックチェーンノードに分散して格納されていることを意味する。投票主催者は、このデータを格納するためにいくつかのコンピュータを選択することができ、例えば、信頼されている組織または独立した観察者のコンピュータを選択することができる。これは、投票される確率を最大限に減らすことができる。なぜなら、悪意のある者がこれらのコンピュータのすべてに侵入しなければ、投票結果を操作することができないからである。

投票機は単一ブロックチェーンシステムを介してPolysオンライン投票プラットフォームと相互接続できる。一人の有権者の票を共有し、有権者が異なる選択で2回投票する可能性を無くすという意味だ。Spindleによると、このため、技術に精通したユーザーは、オンライン版を使って、自分のスマートフォンや他の機器から安全に投票することができ、自分で投票所に行く傾向のある人は、Polys投票機で投票することができる。すべての投票は自動的に暗号化されカウントされる。

この自動カウント機能は主催者の人員と資源コストを大幅に低減した。選挙が終われば、すぐに結果が出て、プロセスがより迅速かつ効率的になるという意味でもある。

日本郵政は1000億元のブロックチェーン防止装置を投入し、多くの物流大手を追随させた

日本郵政は,エッセンシャル,インテル・ジャパンと提携し,ブロックチェーンを利用してネットワークを維持する新しい分野に積極的に参入すると発表した。日本郵政は、医薬品を2021年の投資として、倉庫建設を含め1000億円の投資を見込んでいる。この品質監督体制は,輸送中に偽薬が混入することを防止し,将来的にはあらゆる消費財に適用できるとされている。

経済協力開発机構(OECD)などによりますと、2016年の偽物の取引額は5090億ドル(約53兆円)に達し、各国の政府や国民に早急な対策が必要だと訴えています。ブロックチェーンの特徴の1つは,最初に登録に成功すると,初期登録情報を変更できないことである。データの不整合が生じた場合、該当商品は運送ネットワークから取り除かれるか、または取引市場への参入を阻止される。ブロックチェーン技術は重要な物流にも容易に利用できる。

日本郵政は、ブロックチェーン技術による薬物輸送ネットワークの構築に、輸送車の購入や温度制御が可能な倉庫の建設など約1000億円を投資すると発表した。この過程でインテルはセンサなどを日本郵便に提供し、アクセンチュアは日本郵便のシステム構築を支援する。

他のグローバル物流大手もシェアを先取りするためにブロックチェーン技術を先を争って導入している。欧州のDHLもアクセンチュアと協力してブロックチェーン技術を使った医薬品追跡システムを構築している。世界トップレベルのコンテナ船運送会社であるA.P. Moller Maersk(デンマーク)は、米IBMと協力して2018年にブロックチェーンを使った汎用プラットフォームを構築した。

日本郵政は、ヨーロッパやアメリカで広く采用されている医薬品の流通基准(GDP)に応じて、世界での取引にニセモノが流通しないようにする。日本郵政は、原材料や制品の輸出入から医療机関に納入するまでの全過程をリアルタイムで追跡し、メーカーや問屋、医療机関などが情報をリアルタイムで共有できるプラットフォームをつくる。

具体的には、日本郵便が医薬品に無線自動識別タグ(RFID)を貼ったり、コンテナに環境の温度や位置情報を読み取るセンサーを取り付けたりする。工場、制薬会社、倉庫、運送車両にRFIDやセンサー情報の専用設備を設置する。つまり,医薬品は段階ごとにデータが自動取得され,クラウドにアップロードされて輸送状態を共有する。

日本郵政によりますと、ブロックチェーン技術の物流監督システムは各段階の人手検査の時間と費用を省くことができて、それによって有効にコストを下げました。RFIDには異常も記録されており,RFIDが入れ替えられるなどの異常が発生すると,その対応する医薬品が取引チャネルに出現しなくなる。

SPINDLEプロジェクトは、その透明性と公平性をもって、
より多くの人に投資・運用を通じて豊かな人生を謳歌してもらう事。
そして、多くの人が、このプロジェクトの参加によって、
今までの中央集権的権威による搾取の社会構造から解放される
ことを目標とし、その実現を着実に目指してゆきます。

ビットコイン(BTC)チャートは長期移動平均線突破を試みる展開が続く!

ビットコイン(BTC)は2月26日にサポートラインをブレイクし、下降チャートを形成したものの、2月28日から反発の値動きを繰り返しています。2月28日以降下値を切り下げることなく上昇の動きを試みているビットコイン(BTC)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?

ビットコイン(BTC)は下降チャートから反発を繰り返す展開!

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。2月28日以降、方向感の無い値動きを続けているビットコイン(BTC)。レンジ相場内の値動きでは、上値に関しては75日移動平均線がレジスタンスラインとして機能しています。

しかし75日移動平均線より反落を起こしながらも、下値を切り下げる展開を見せていないビットコイン(BTC)は既に75日移動平均線へ三度目の接触を試みている展開です。

仮に今後75日移動平均線を突破することが出来た場合、これまで形成されたレンジ相場から上昇チャートを形成する可能性があり、相場が大きく動き出す可能性があるでしょう。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後予測される展開としては、現在のレンジ相場から上昇チャートが形成される可能性が徐々に高まりつつある状況でしょう。

まずは1月29日から2月4日までのサポートラインであり、大台でもある100万円台近辺までの上昇に期待できるでしょう。

仮に100万円台を突破出来た場合、ビットコイン(BTC)チャートは、再び長期的にも強気相場が意識される展開になるため注目する必要がありそうです。

ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。

ハッシュレートはバブル期以来940%増、「ビットコインはかつてないほど強気」の指摘

現在、ビットコイン(BTC)のハッシュレートは過去最高値20,000ドルを付けた2017年12月以来940%増加している。5月にブロック報酬の半減期を控えていることを踏まえて、BTCが「かつてないほど強気」と指摘されている。

過去数週間にビットコインのハッシュレートが停滞している間、BTC価格は今週末に設定された最高 10,500から最低 8,400ドルに低下した。しかし、Blockchain.comの最新データによると、マイナーは再びビットコインのセキュリティに多くのリソースを割り当てている。
ビットコイン・ネットワークのハッシュレートは、2日に毎秒136EH/Sの過去最高値に達した。これは1年前の約3倍にあたる。暗号資産追跡アプリBlockfolioは「ウォール街は2008年の金融危機以来最悪の週を迎える中、ビットコインのハッシュレートは過去最高を更新した」と指摘した。アナリストのRookieXBTはハッシュレートが2017年から約940%拡大していると指摘して、「ビットコインがかつてないほど強気」と述べた。

ハッシュレートの増加、およびマイニングコストは、価格動向と密接に結び付いていると言われている。昨年12月、投資会社Capriole Investmentsのデジタル資産マネージャーのチャールズ・エドワーズ氏は、ネットワーク保護に用いられる電力消費量を熱量(ジュール)に換算することで、BTCの公正価値を判断できると述べた。

金融ニュースThe Compoundの2日のインタビューで、グレイスケールインベストメンツの幹部マイケル・ゾンネンシャイン氏は、「ビットコインがストアオブバリューとデジタルゴールドの両方で、世界経済におけるその役割を固めた」と語った。
ゾンネンシャイン氏はまた、コンプライアンスに準拠する暗号資産事業者に徐々に潮流が移っていると語っている。グレイスケールの投資信託『GBTC』は1月にSEC(米証券取引委員会)の報告会社となった。現在GBTCは、30億ドル相当、ビットコインの供給量の約1.5%を管理している。

Ref: Spindle

「銀行が仮想通貨規制を撤回するだろう」と自信を見せる

6月15日、インド最大の都市ムンバイに支部を置くリップル社のインフラ・イノベーション部門グローバルヘッドのディリプ・ラオ氏への取材について、タイムズオブインディアが報じました。

リップル社は銀行が従来使用してきたSWIFTネットワークに競合する、国境間送金を促進するためのプラットフォームを既にインド大手の商業銀行(Private Banker、Axis Bank、IndusInd)に提供しています。

これらの銀行は現在、同社のブロックチェーンソリューション「RippleNet」、またはネイティブ暗号トークンXRPを搭載した銀行向けのブロックチェーンプラットフォーム「xRapid」を利用しています。

これらのサービスもRBIの規制対象に含まれる懸念についてラオ氏は「恐れていない」と述べ、リップルの製品が、サイバー攻撃に脆弱な従来の決済システムのバックアップとして中央銀行に利益をもたらすことができると主張しました;

「RippleNetには、特に銀行の国際決済政策(バーゼル規制)の観点から、中央銀行に類似技術の無い決済システムのバックアップを要求するという大きな規制上の保険があります。」

「地政学的な観点からも各国は、スイッチ一つで回線を断絶されかねない既存の国境間決済システムに懸念を抱いています。当社は銀行間ネットワークを持たない国々のRTGS(即時グロス決済)の代替手段として独自のプラットフォームを提供しています。」

商業銀行に仮想通貨産業企業へのサービス提供を禁止していますが、一方で政府は独自にデジタル通貨を検討するパネルも設置しています。

非中央集権で反政府的なビットコインよりもXRPは政府機関に好まれる要因があるとして、ラオ氏は以下のように述べています;

「ビットコインや他の仮想通貨とは異なり、リップル社によって開発されたデジタル通貨XRPは法定通貨を代替せずに送金できるように設計されています。」

今年4月にインド準備銀行(RBI)は仮想通貨禁止措置を発令しましたが、最近の報道で、十分な調査や協議を行っていなかったことを認めました。また、仮想通貨政策を検討する政府パネルは禁止措置を取り消す可能性を示唆しました。

リップル社のRippleNetにはすでに、サウジアラビアの中央銀行を含む、世界中で100以上の金融機関が加盟しています。

仮想通貨規制の明確化は「XRP(リップル)にとってグレート」

4日にインド最高裁判所は、仮想通貨サービスプロバイダーと市中銀行の契約を禁止するインド準備銀行からの指令を取り下げた。ブルームバーグに法律事務所L&L PartnersのパートナーのVaibhav Kakkar氏は「この判決により、仮想通貨とフィンテック部門全体のより成熟した、バランスのとれた規制が整う可能性がある」と語っている。

最高裁の決定はXRPにとって特に強気になると説明した:
「規制の不確実性は、米リップル社によるインドの送金市場への積極展開を妨げるパズルの最後のピースだった。 (判決は)XRPにとってグレート。」

Dapp Fest 2019で、リップル社のソフトウェア統合エンジニアSachin Maheshwari氏は、インドの全銀行にリップル社のメッセージングシステムxCurrentを実装するために取り組んでいると述べていた。また、リップル社の製品担当SVPのアシーシ・バーラ氏は2018年に開かれた別の会合で、インド市場の50%を獲得する戦略について語っていた。

「市場の50%への統合か契約段階で我々のパイプライン上にあると思います。…今後5年間にインドの10億人がスマートフォンで銀行に資金を預けるようになるだろう。当社は携帯電話プロバイダーと通信会社をターゲットにし始めました。」
リップル社は現在、xCurrentだけでなく、ODL(On-Demand-Liquidity)も推進している。インドの仮想通貨のさらなる規制の明確化は、デジタル資産XRPを法定通貨間のブリッジ通貨に使用するODLのような国際決済システムの普及に貢献する可能性がある。